カロリー不足に栄養不足が基礎代謝を落とす?

食べないことが逆にカロリー不足による栄養不足が基礎代謝を落とすし体重が減らない原因についての解説。
MENU

カロリー不足に栄養不足が基礎代謝を落とす?

運動を行っていく事は、痩せていく体質を作っていく為に必要不可欠な要素です。
ですが、いくら効果的な運動を行っていても、それでも効果が出てこないという方は、もしかしたら食生活に改善点があるのかもしれません。

 

一度自分の食生活を見直してみませんか?食生活が適当だと、とても勿体ないですよ。
運動で得られる効果を十分に得られるように、食生活も効果のある生活をしていきましょう。

 

食べなさすぎで省エネボディに?
きっと、運動をしながら痩せたいと思っている方は、食に対しても気にしている事があるかと思います。
それが摂取カロリー。
摂取カロリーを気にしながら食べているのに、効果があまり得られていないという悩みを持っている人が多いかと思います。

 

その摂取カロリーですが、あまりにも気にしすぎて、食べる量が極端に少なかったり、栄養が偏ってはいませんか?
『食べる量を減らす=痩せる』
という知識は間違いです。
減らしてしばらくは体重が減っていくでしょう。
ですが、これは一時であって、ある時から減らず、しかも健康によくありません。
食べる量を減らしているのに痩せていかない理由は以下の通りです。

 

【カロリー不足に栄養不足】
食べる量が適量でないと、人が一日生活していくのに必要なカロリーであったり、栄養素というのは、当然ですが不足している状況になってしまいます。
それなのに運動を行っていくとすると、身体にとっては大きな負担になる事は、イメージがつくのではないでしょうか。

 

カロリー不足や栄養不足に陥り、更に運動によって大きな負担を感じた時に、身体が起こす現象があります。
それが『基礎代謝を落とす』という事。
命の危機を感じ取った身体は、これ以上体重が減っていかないように…と少ないエネルギーで何とかやりくりしなければと考えて、基礎代謝を落としていってしまうのです。
いわゆる低燃費で動けるようにと、身体が頑張ってしまうのです。

このページの先頭へ