効率的に有酸素運動を行う時間帯についての解説。

運動してもなかなか痩せない方が陥る原因の一つである有酸素運動を行う時間帯についての解説。
MENU

効率的に有酸素運動を行う時間帯についての解説

筋トレを行って脂肪を分解してから、有酸素運動によって脂肪を燃焼していく事で、より効果的に筋肉をつけながら痩せていく事が出来るのですが、おススメの時間帯というものもあります。

 

それが、筋トレをした後2時間〜3時間後の時間帯。
もちろん、筋トレをした後すぐに行っていく事も効果的なのですが、このように少し時間を空けてから行っても効果があるのです。

 

理由は、成長ホルモンが関わっています。
成長ホルモンは、先にもご紹介しましたが、脂肪を分解していく為に必要なホルモンで、アドレナリンの後に分泌されていきます。
この成長ホルモンが分泌されてくるのが、実は筋トレを行った後の2時間〜3時間後の時間帯なのです。

 

ですので、このホルモンが分泌されてくるのと同時に、有酸素運動を行っていく事で、分解→燃焼という流れが効果的に行っていけるという訳です。

 

【注意点】
こうご説明すると、「よし、筋トレ頑張るぞ!」と気合い十分に最初から頑張りがちですが、日々運動不足の方にとっては注意点があります。
それが過度の筋トレ。
急に激しい筋トレ等の激しいレベルの運動を行っていってしまうと、身体へのダメージが強くなり、効果を発揮できなくなる可能性があります。

 

また、辛いばかりのトレーニングになってしまうと、精神的にきつくなり、継続していく事が出来なくなる場合もあります。
ストレスはダイエットに悪影響です。

 

ですので、始める前にはしっかりとストレッチをして身体をほぐしてから、無理をせずにトレーニングを組み込んでいき、徐々にレベルを上げて、身体に負荷を与えていくようにしましょう。

このページの先頭へ